エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

『愛と感謝…。』『創造と感動…。』2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第2086回『高齢でも国家資格に合格!一緒に学ぶ仲間がいるから一生懸命になれた夢叶なのだ!?』 [11月15日]

★(1年前…)2020年11月15日の夢叶は、『仙台から深夜バスで帰京!』でした。

www.waja-next.com

 

年を重ねると…、

新しいことを吸収することが億劫になってくる。

年を重ねると…、

経験則からチャレンジする前に諦めてしまうことが多々ある。

 

今回は!

一緒に学ぶ仲間がいることが大切なことを学びました。

 

★『高齢でも国家資格に合格!一緒に学ぶ仲間がいるから一生懸命になれた叶なのだ!?』

沖縄在住の73歳の喜久村一さんが1日10時間以上勉強をして!

国家資格である『第三種電気主任技術者』の資格を取得したことが話題となった。

 

■1日に10時間以上勉強 沖縄の73歳がラストチャンスで合格 難関の国家試験に「もう感無量」

難関の国家資格「第三種電気主任技術者」に73歳の喜久村一さん=沖縄県豊見城市那覇=がこのほど合格した。本年度の合格率は11・5%。指導者は

「この年齢での合格は少ないはずだ。受験生の刺激になる」

と喜ぶ。喜久村さんは

「一緒に学ぶ仲間がいたことでやる気を維持できた」

と成功の秘訣(ひけつ)を語った。

喜久村さんは琉球大を卒業後、NHKで技術者として2008年9月まで勤務。退職後はテレビやラジオ中継所の保守管理に携わっている。エネルギーの自給自足に関心があることや

「放送技術以外も学び、視野を広げよう」

と考えたことが取得のきっかけだ。  

この資格はスーパーや事務所などが入る大型ビルの運用に必要で、設備の保守管理を担う。試験は理論、電力、機械、法規があり、3年間で全科目に合格すれば取得できる。喜久村さんは19年に理論と法規をクリア。20年は残る2科目で不合格だったが、ラストチャンスの今年8月の試験で目標をかなえた。  

試験直前には1日10時間以上勉強したといい

「そりゃ、もう感無量でしたよ」

と喜ぶ。現在の仕事に役立てるほか、学んだ知識を沖縄の子どもたちに伝えたいといい

「電気やエネルギーの問題は環境問題にもつながる。関心を持ってもらえたら」

と語った。  

指導した沖縄電気技術者養成所(宜野湾市)の渡嘉敷唯幸所長(73)は

「授業も毎回出席し、疑問点はよく質問していた。一生懸命さが合格の理由」

と話した。

*1

www.okinawatimes.co.jp

 

 

高齢化社会がやってくる日本にとって!

高齢の方々定年後、新たな業務で活躍することはとっても素晴らしいことです。

一緒に学ぶ仲間がいるから一生懸命勉強をする!

大きなヒントをいただきました。

ありがとうございます。

 

(エムP)

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

 

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com