エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第1698回『【仮装しない人を若者】【仮装する人をバカモノ】この発言で言葉の重みを知った夢叶なのだ!?』[10月31日]

★(1年前…)2019年10月31日の夢叶は、『平和を描いた絵画…。』でした。 

www.mptv.gift

 

新型コロナウイルス禍の中、ハロウィーン当日を迎えた10月31日。

東京・渋谷では例年、仮装した若者で溢れかえることで警戒していましたが…、

渋谷区が中心となり来訪自粛を促した結果、仮装した人やトラブルはほとんど見受けられなかったようです。

素晴らしい!

 

しかし…、

吾輩的には少し悲しい記事を目にしてしまいました。

渋谷センター商店街振興組合の小野寿幸理事長(79)が取材に対して発した言葉

「(31日の渋谷の様子に対して)例年の8割減。若者(仮装しない人)と、バカモノ(仮装する人)に分かれた。多くの若者が自粛を理解してくれて、日本人の良いところが出た。非常に感謝しています」

来年以降は、

「渋谷で騒ぐことがカッコ悪いという流れになってくると思う」

と、新しいハロウィーンの幕開けを予感したという記事を見かけたのです。

 

年々盛り上がりをみせているハロウィーン

他人に迷惑をかける行為はいかがなものかと思いますが…、

地域によっては、ハロウィーンイベントを盛り上げることで地域振興として活用しています。

 

端的に、

○仮装しない人を=若者

✖仮装する人を=バカモノ

と言い換えることに違和感を覚えました。

 

吾輩も知らず知らずのうちに、言葉の暴力で他人を傷つけることがあります。

大切なことは…、

相手の気持ちになって考えてあげること。

 

気づかせていただいたことに感謝。

 

★『仮装しない人を若者!仮装する人をバカモノ!で言葉の重みを知った夢叶なのだ!?』

昨今、あだ名を禁止にする傾向があることをニュースでやっていました。

この問題の答えも…、

相手の気持ちになって考えているかどうか?

 

素敵なあだ名は呼ばれて嬉しい!

嫌味なあだ名は呼ばれて悲しい!

 

言葉の重みを考えましょう…。

 

(エムP)

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com