エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第1654回『あれから2年…、日本初!「空飛ぶクルマ」が有人飛行に成功した夢叶なのだ!?』[8月28日]

★(1年前…)2019年8月28日の夢叶は、『おどるポンポコリンが生み出した記録!』でした。

www.mptv.gift

 

『空飛ぶクルマ』

 徐々に現実味を帯びてきていた。

東京五輪の開会式で『空飛ぶクルマ』を使って聖火を灯すことが目標。

2012年!有志団体『CARTIVATOR(カーティベーター)』が設立された。

同団体・代表の自動車エンジニア、中村翼さんは

 「誰でも空を飛べるようにしたい。渋滞に巻き込まれず、道がない所にも行ける、空飛ぶクルマを!」

真剣な眼差しで夢を語っていた。

 

この素敵な夢に、

自動車や航空業界の若手技術者ら約100人、

トヨタ自動車など大手企業もバックアップをしてくれた。

集まったメンバーは、

平日夜や休日の空いている時間を惜しみなく注ぎこむ。

空飛ぶクルマの完成を少しでも早く実現させるべく。

『日進月歩』

 

2017年6月

大型のドーロンのような出で立ちの『空飛ぶクルマ』実験機が公開された。

 

▼▼▼2017年6月4日に発表された『空飛ぶクルマ』をチェック!!

www.asahi.com

 

まだまだ、実用には程遠い空飛ぶクルマだったが…、

着実に夢の階段を登っていた。 

東京五輪に向けて開発を加速させたい」

この熱い想いに応えるべく、

東京と愛知の2カ所に新たな開発拠点を設置することが発表された。

※2017年9月15日【エムPの昨日夢叶】を一部抜粋

www.mptv.gift

 

★『あれから2年…、日本初!「空飛ぶクルマ」が有人飛行に成功した夢叶なのだ!?』

愛知県豊田市を拠点にして『空飛ぶクルマ』を開発中のSkyDrive(東京・新宿区)が、日本人初の有人飛行に成功した。

機体に搭乗したパイロットの操縦で地上約2メートルの高さまで浮上。時速約4キロで旋回し、約3分間のフライトを初披露したのです。

youtu.be

 

デモフライトを行った空飛ぶクルマのコードNO.『SD-03』。

ドーロンのような形をした機体の4隅に付けた8つのプロペラで、最大10分のバッテリー駆動が可能。1人乗りで、最高速度は時速40~50km。

f:id:mptvstaff:20200829141500j:plain

2014年に有志団体CARTIVATORと共同開発をスタートし、NECら国内企業10社から約39億円の出資を受けようやく国内初の有人飛行に成功した。

デモフライトでのデータや課題を分析し、2023年の実用化を目指す。

今後の目標は…、

搭乗可能人数を2人に増やし、最高高度500mを時速約100kmで飛行できるようにし2023年の実用化を目指す。

SkyDriveの福澤知浩代表取締役は、

「(空飛ぶクルマは)かなりレベルが上がってきたが、人の命に関わる乗り物。安全性を向上させつつ、無事に事業化まで持っていくためにやるべきことは多い」

と語り、2025年に開催予定の大阪万博に先立ち、2023年に大阪湾岸エリアで『エアタクシー事業』を始めることも発表した。同エリアはユニバーサル・スタジオ・ジャパンUSJ)や海遊館などの施設が集まる一大観光エリアである一方、交通インフラの整備が遅れており、5km程度の移動に30分以上かかる点がネックとなっている。空飛ぶクルマの導入で、これを約5分に短縮できると見込んでいます。

youtu.be

 

陸を走るクルマの自動運転システム同様、

夢の実現に向けて着実に階段を上っている『空飛ぶクルマ』

そう遠くない未来…、

移動手段が大きな変わることは間違いないようですね。

 

(エムP)

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com