エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第172回「葛藤に揺れた1年と決別!上野由岐子!ソフトボールファンの夢叶なのだ!?」 [8月3日]

2020年東京五輪の追加種目に

野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィン

の5競技18種目の採用が正式決定!!!

 

東京五輪で『ソフトボール』が正式種目として復活して欲しいという想いを書いたのは、6月23日。

 

 

ソフトボールファンが歓喜して抱き合う日がやってきた!!

 

葛藤に揺れた1年と決別!上野由岐子ソフトボールファンの夢叶なのだ!?

 

2008年『北京五輪
ソフトボール女子決勝トーナメントで、
日本のエース上野由岐子さんは、2日間、計3試合413球を投げぬき、
悲願だった金メダルを日本にもたらした。
ソフトボール選手としては、華奢な身体。
その身体を精一杯しならせて、捕手のミットめがけ

f:id:mptvstaff:20160804133458j:plain

 

て投げる剛球!
大柄な海外の選手を、
バッタ!バッタ!と倒し続ける上野由岐子投手の力投は日本中を歓喜の渦に巻き込んだ。
そんな、
ソフトボール界のレジェンド!上野由岐子さん。
今でも、『ビックカメラ女子ソフトボール高崎』の一員として、日本リーグの第一線で活躍中。
現在の通算成績は、『199勝』
前人未到の大台『200勝』にあと1勝と迫っています。
北京五輪で金メダル獲得した後、
一度は燃え尽き症候群になったと語っている上野さん。
その後、
ソフトボールがオリンピックの正式種目から外れても、
大好きなソフトボール楽しもう!!
という想いで競技と向き合ってきた上野さん。
そんな時、
2020年!『東京五輪』開催が決定の報に!!
「2020年の五輪が東京で行われると決まったとき、正直、かなり葛藤がありました。東京ならば、ソフトボールが復活するかも。だけど、そうなれば、私は絶対に辞められないな。もしかしたら、また背負わなきゃいけないのかなと考えたり……。うれしさ半分、悲しさ半分というのが本音でした。」
と複雑な胸中を語っていました。
そして、昨日、『ソフトボール』が正式種目として復活!
「だけど、今は、東京五輪だからこそ、腹をくくれたと思っています。ただ五輪があるというのではなく、それが日本の、東京で行われるというのが私の中で80%くらいは占めているかも。だからこんなに本気になれるのだと思います。」

「でも、今度は背負ったりしない。私は今を楽しんで、若い選手たちにも発破をかけるくらいの余裕も持って(笑)。そうすることで、私自身は長く続けられる。長く続けることでみんなが喜んでくれる。それを期待されているのかな、と思います。東京五輪に向けても「上野がいないと勝てない」「金はない」と周りのみんなが言ってくれるから頑張れると思っています。」
上野由岐子投手は、
200勝の大台を達成したあとも、
投げるたびに1勝づつ積み上げて金字塔を更新し続けていくことでしょう。
そして、上野投手の背中を見て育った、選手、ファンも
2020年『東京五輪』という大きな目標に向かって動き出した夢叶の1日になりました。
(エムP)
金メダル獲得の雄叫びに似合う曲と言えば!
【BGM-IN】「GIFT」(Mr.Children)

youtu.be