エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第1363回『家族の絆が支えた。WBSS決勝戦!モンスター井上尚弥選手の凄さを振り返る夢叶なのだ!?』[11月11日]

★(1年前…)2018年11月11日の夢叶は『格闘道イベント「敬天愛人」開催!』でした。

www.mptv.gift

 

1年前…、

鹿児島アリーナーでイベントをしていました。

親が子供に見せたい格闘道『敬天愛人

f:id:mptvstaff:20191113005246p:plain

 

親子の絆を感じることができました。

家族の絆を感じることができました。

仲間の絆を感じることができました。

対戦相手にも絆を感じることができました。

 

子供には無限の可能性があることも感じました。

 

吾輩にとって…、11月11日は特別な日。

『勇気と感謝の日』

 

★『家族の絆が支えた。WBSS勝戦!モンスター井上尚弥選手の凄さを振り返る夢叶なのだ!?』

 

少し前のことですが…、

少しだけ語らせてください。

 

11月9日(土)。

バンタム級最強の王者を決める大会、ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズWBSS)の決勝戦が埼玉スーパーアリーナーで行われた。

WBAIBF世界バンタム級王者の井上尚弥と5階級王者でWBAスーパー世界バンタム級王者のノニト・ドネアによる世紀の一戦である。

f:id:mptvstaff:20191113005930p:plain


井上尚弥選手は、 WBSS初戦で元王者ファン・カルロス・パヤノを1Rわずか70秒でKO勝利、続くWBSS準決勝で過去最強の対戦相手ともいわれた全勝のIBF王者エマヌエル・ロドリゲスを2R1分19秒でTKO勝利。2試合でKOに要した時間は、わずか【5分19秒】と圧倒的な強さで決勝へ進出した。

対する5階級王者のノニト・ドネア選手は、WBSS初戦は対戦相手のWBAスーパー王者ライアン・バーネットの棄権により4R終了TKO勝ちを収めると、準決勝ではアメリカのステファン・ヤングを得意の左フック一発で6RKO勝ち!盤石の体制で決勝へコマを進めてきた。

バンタム級絶対王者の世代交代を宣言するモンスター井上尚弥選手が優勝するのか!?

5階級制覇!伝説の王者ノニト・ドネア選手が豊富な経験と試合巧者ぶりを発揮してトーナメントの頂点に立つのか!?

世界中の格闘技ファンが固唾を飲む世紀の一戦が繰り広げられたのです。

 

桁外れのパンチ力で衝撃的なKOを重ね、大橋ジムの大橋秀行会長が名付けた『怪物(モンスター)』という異名が世界中に浸透していったモンスター井上尚弥選手。

しかし、井上尚弥選手の本当の強さは!?

「打たれないこと!」

 

ボクシングを始めたとき、父であり専属トレーナーを務める井上真吾さんと約束したのは、

『相手に打たれないこと!』

f:id:mptvstaff:20191113010138j:plain

その教えを見事に守り続けた井尚弥選手は、プロ・アマ通じてダウンを奪われた事も無ければ流血した経験すら一度もない

「相手のパンチを見切れる!モンスター!!」

に成長していったのです。

 

しかし、WBSS勝戦

『打たれないこと!』という開かずの扉が開く瞬間がやってきました。

★2R2分10秒!!!

ボクシングを始めた頃から憧れていた王者ノニト・ドネア選手の左フックが井上尚弥選手の右顔面に喰らいつく。思いもよらぬ衝撃と同時に右目上をカットし鮮血が走った。打たれたダメージもさることながら、初めての流血にどれだけ動揺があるのだろうか?吾輩の心拍数は上昇し続けた。

長く感じた2R終了のゴングが鳴った!セコンド陣が神妙な顔で傷口をチェックする。井上尚弥選手の傷口に大量のワセリンを塗り込んでいた。

3R開始のゴングが鳴る。傷口を右拳で完全にガードする構えで立ち向かう井上尚弥選手。セコンドの情報を伝えるテレビの解説者は、傷口が深くないことを強調。少し心拍数が下がり始めたとき、嫌な予感が脳裏を駆け巡った。

「瞳孔が開き気味…。眼球もおかしい…。もしかして、眼下亭骨折の可能性があるのでは…。」

しかし、その後の果敢な戦いぶりで不安は徐々に払拭しはじめた。

★5R2分35秒!

この日一番の右ストレートがドネア選手の顔面を捉えると会場も吾輩も大興奮!KO勝ちに向かって盛り上がる中、無常にもラウンド終了のゴングが鳴り響く。

インターバル中に流れていたCMが入らない。場内の熱気が伝わる中、セコンドからアドバイスを受ける井上尚弥選手をカメラが捉える。この時、払拭されたはずの不安が大きくぶり返してきた!

「明らかに眼球がおかしい。眼下亭骨折の可能性大!」

このまま試合を続ければ選手生命を脅かし兼ねない眼下亭骨折!心臓が締め付けられる想いで6R以降の戦いを見守り続けることになった。

★9R1分10秒!

 ノニト・ドネア選手の右ストレートが炸裂する。ボクシング人生最大のピンチを迎えた井上尚弥選手。それでも、後退りすることなく「来い!来い!」というジェスチャーをみせパンチを打ち込む。劣勢が長く続くことを許しはしないのだ。

傷口が深くえぐられる!鼻血も止まらない!

そんな苦境が続くの中、場内を木霊した

「尚弥!尚弥!尚弥!~」

『尚弥コール』が湧きおこった直後!

★11R1分6秒!!!

井上尚弥選手の拳がドネア選手の左ボディーに突き刺さる。苦渋の表情を浮かべたドネア選手はゆっくり跪く。この試合始めてのダウンを奪った!辛うじて立ち上がったノニト・ドネア選手。レジェンドとしての意地は、戦いの終わりを告げる鐘が鳴り響くまで続いた。

 

戦前…、短いラウンドで勝者が決まると予想されていたWBSS勝戦

終わってみればボクシング技術の粋を全て出し尽くすフルラウンド戦となった。

吾輩にとって、これほど衝撃的な試合を観たことは未だかってありません!と言わしめる歴史に残る熱戦でWBSSバンタム級勝戦は幕を閉じました。

 

親子鷹でWBSSの頂点を極めた井上尚弥選手&トレーナー井上真吾さん。

ほんとうにおめでとうございます。

f:id:mptvstaff:20191113023605j:plain

 

試合後、右眼窩底と鼻骨の骨折であることが判明した井上尚弥選手。

2R以降、ドネア選手が常に二重に見える大ピンチを乗り越えて戦い続けた理由を!?

「息子の存在が大きい…」

家族の絆の大きさを語った井上尚弥選手。

2015年に高校の同級生の咲弥さんと7年間の交際を経て結婚。

2017年には長男・明波くんが誕生!常に家族のことを思いやるスーパースター!やはり、この男はカッコよすぎる。

 

これまでのボクシング人生を大きく塗り替えた

『打たれたモンスター!』

試合が終わった直後、モンスター井上尚弥選手がセコンドに語りかけた言葉は、

「楽しかったあ~」

 

大切な家族のためにも

『打たれない!モンスター!!』

であり続けて欲しい。

 

追伸:イケメンだから、打たれないで欲しい。

 

(エムP)

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、どんな夢叶があったのでしょう…。

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。