エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第1159回『主演・福山雅治さんが大きく飛躍!?「集団左遷!!」の放送がスタートした夢叶なのだ!?』[4月21日]

★(1年前…)2018年4月21日の夢叶は『ドラマ「アンナチュラル」が3月度のギャラクシー賞を受賞!』でした。

 

今クールのドラマ!

吾輩が注目しているドラマは日曜日に集中しました。

 

1本目は!?

日本テレビが社運を賭けて企画した、

新日曜ドラマは『あなたの番です』(日曜22時30分~)

f:id:mptvstaff:20190422124011j:plain

デビュー当時の透明感ある雰囲気を保ち続けている名女優・原田知世さんと主演ドラマ『おっさんずラブ』が大ブレイク!今トキメク実力派俳優・田中圭さんのダブル主演。

年の離れた新婚夫婦(原田知世田中圭)が新居に選んだマンションでは、住人たちによる『交換殺人ゲーム』が行われていた。キャッチコピーは、

「毎週、死にます。」

しっかり者の妻・菜奈(原田知世)と、天真らんまんな夫・翔太(田中圭)が、同じマンションの居住者による殺人事件に巻き込まていくハラハラドキドキのノンストップ・ミステリードラマです。

 

それでは、

日本テレビが新日曜ドラマは『あなたの番です』にどれだけの意気込みを賭けているのかを説明しましょう!

最近の連続ドラマは、通常1クール(3か月/10話前後)放送でスタートしています。

しかし、

本ドラマは、2クール(6か月)放送することを決めてスタートした異例のドラマなんです。

もし…、低視聴率に喘いでも半年間は企画変更が出来ない!

製作陣及び主演俳優陣は、とてつもないプレッシャーがかかっているのです。

果たしてこの英断!!」?吉と出るか?凶とでるか?

 

『あなたの番です』の企画・原案は、AKB等のプロデュースでもお馴染みの秋元康さん。

放送作家秋元康さんが得意分野とするバラエティー番組は最低2クール放送を目的に企画を立て、その結果ロングランを目指すのが常。

秋本康さんにとって、2クールは当たり前のこと!何か?秘策があるのか気になっているドラマなのです。

ちなみに、

初回放送の平均視聴率は、【8.3%】(※ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同様)

昨日の第2回は、【6.5%】とやや苦戦のスタート!

同枠で前クール話題となった『3年A組』の平均視聴率【11.47%】を追い越せるか!?ご注目ください。

 

★『主演・福山雅治さんが大きく飛躍!?「集団左遷!!」の放送がスタートした夢叶なのだ!?』

ここ数日、TBSにチャンネルを合わせる度に出会う大スターは!?『福山雅治』さん。

21日(日)、満を持して福山雅治さん主演ドラマ『集団左遷!!』(日曜21時~)がスタートしたました。

f:id:mptvstaff:20190422164741j:plain

 

原作は江波戸哲夫さんが描いた経済小説『新装版 銀行支店長』と『集団左遷』。

平成最後の日曜劇場であるとともに令和最初の日曜劇場として注目を集めています。

f:id:mptvstaff:20190422164844j:plain

 

キャッチコピーは、『いざ、平成最後の下克上だ。』

既に廃店が決まっている銀行の支店。頑張らなくてよいと言われた50歳間近の支店長・片岡洋を演じるのが福山雅治さん。

リストラ寸前のダメ社員集団が集まった蒲田支店で支店長片岡洋の熱き想いが噴火する!

福山雅治さんは

「組織人の葛藤や友情、家族愛を明るく描きつつ、笑えて泣ける。でも、深く納得できる作品だと思います」

とPR。ダメ社員の意識を改革させ大逆転で平成最後の下克上に挑む!

TBS日曜劇場のお家芸的な作品なんです。

吾輩が気になっているのは!一流アーティストであり、二枚目俳優として人気を博している福山雅治さんがふんだんに披露する顔芸!

新たな役者像を魅せて大きく飛躍する可能性を秘めた重要な作品になると思っています。

初回放送の視聴率は、【13.8%】と好発進!

 

日曜21時~、目が離せないドラマがTBS~日本テレビで始まった夢叶なのだ!?

 

 

(エムP)

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com