エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第1003回 『羽生弓弦選手!右足首負傷を乗り越えてロシア杯優勝を飾った夢叶なのだ!?』[11月16日]

★(1年前…)2017年11月16の夢叶は、『マツコ・デラックスさん復活!』でした。

 

何も言うことはありません。

今日も、羽生弓弦選手のことを書かせてください。

 

★『羽生弓弦選手!右足首負傷を乗り越えてロシア杯優勝を飾った夢叶なのだ!?』

f:id:mptvstaff:20181118010953j:plain

フィギュアスケート・ロシア杯、男子フリーに羽生結弦選手が登場!

昨日に引き続き…、仕事が手につかない夜となった。

 

昨晩は、ワクワク!ドキドキ!しながらテレビの前で釘付けとなったが、

今晩は、ドキドキ!ドキドキ!胸が張り裂けそうな気分でテレビを見つめていた。

 

その理由は、

公式練習中に4回転ループで転倒し右足首を負傷した映像を目の当たりにしたからだ。

平昌五輪前に負傷した古傷でもある右足首だけに無理して出場するべきではない!!

勝手にそんな想いが宿っていた。

 

そんな吾輩の想いとは裏腹に、羽生結弦選手はリンクに上がった。

苦痛の表情を浮かべることなく気力を振り絞って滑りはじめた。

得点が加点される後半戦のジャンプで転倒しても表情を変えることなく4分間の演技を終えた。

 

結果、167.89点。SPとの合計は278.42点で見事優勝!

フィンランド大会に続くGPシリーズ連勝を果たし、日本男子初の10勝目を達成。

上位6選手が出場できるグランプリファイナルの出場も決めたのです。

 

しかし…、

優勝インタビューに松葉杖をついて登場した羽生弓弦選手。

実は、公式練習で痛めた右足首の診察結果は全治は3週間だったと語りはじめた。

ドクターから

「今、滑ったら悪化する」

と告げられたが、

「何を選択しようということを考えた。靱帯の損傷には間違いないので、ドクターの指示を言ってしまえば3週間は安静なんですよ、本当は。そうすると全日本も厳しい。だから、何をしたくて何を削るか考えた上で、今日しかないかなと思ってやった」

急遽!右足首への負担が少ないプログラムに変更してでもロシア杯を滑りきることを選択したのだ。

 

この日、ロシアの地で選んだフリーの演技は、憧れのトリノ五輪金メダリスト、“皇帝”エフゲニー・プルシェンコの伝説のプログラム『ニジンスキーに捧ぐ』をアレンジした『Origin』だった。

自慢のジャンプにプルシェンコの代名詞でもあるビールマンスピンを披露する予定だったが

「(プルシェンコに)全部きれいにやれたらやっていい、と言われていた。できなくて悔しい」

と語った。

 

逆境にもめげず常に前を見据えている羽生弓弦選手。

戦う相手は自分自身であることを教えてもらった気がした。

 

(エムP)

 

 

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

 

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com