エムPの昨日夢叶(ゆめかな)

MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第900回 『桃田賢斗選手が世界選手権で金メダル獲得!日本バトミントン界男子初の快挙達成した夢叶なのだ!?』[8月5日]

★(1年前…)2017年8月5日の夢叶は、『6試合連続3本塁打プロ野球記録達成!』でした。

 

日曜日の夢叶は、必然のスポーツに関する夢叶が多くなる傾向があります。

その理由は!

ゴルフに卓球、バスケットボール…、

予選を勝ち抜くスポーツは、観客が多い日曜日に決勝戦を行うことが多いからです。

 

そして、

8月5日の日曜日。

吾輩をテレビの前釘付けにしたバトミントンで悲願達成が見れました。

 

★『桃田賢斗選手が世界選手権で金メダル獲得!日本バトミントン界男子初の快挙達成した夢叶なのだ!?』

 

バトミントンの世界一を決める最高峰の舞台『世界選手権2018』

五輪、世界選手権を通じて、初の世界一に輝いた日本男子は桃田賢斗選手だった。

 

苦難を乗り越えて悲願達成!

ほんとうにおめでとうございます。

f:id:mptvstaff:20180808011357j:plain

 

リオ五輪開幕まで、4か月を切った2016年4月。

日本バトミントン界に衝撃が走った!

世界トップクラスに君臨、金メダル候補と言われていた桃田賢斗選手が違法賭博の店に出入りしていたことが発覚。

無期限の試合出場停止処分を受け、リオ五輪出場という夢が砕けたのだ。

脇が甘いと言えばそれまでだが、

リオ五輪で金メダル獲得という夢に照準を合わせてきた人生が一瞬にして消え去った失望感…。

今後の人生でどのような影響を与えるのかとても心配だった。

しかし、桃田賢斗選手のバトミントン愛は本物だった。

試合に出られない謹慎期間中、チームメートの練習相手になったり、黙々とシャトルを拾い続ける等、自分に出来ることは何でも取り組んだ。

類まれなるセンスで子供の頃からバトミントンエリートだった桃田賢斗選手にとって今まで無縁だった裏方を知ることで、試合に出れる有難みや喜びを学ぶキッカケとなった時間は無駄ではなかった。

2017年5月。

バトミントンに取り組む姿勢が認められ、無期限だった試合停止処分が解除された。

282位から再スタートした世界ランキング。1年かけて6位まであげてきた。この成績に用意された舞台は、2015年で銅メダルを獲得した世界選手権だった。

 

技術だけでなく、進化したフィジカルを持ち合わせた桃田賢斗選手に立ち向かう相手は居なかった。

不祥事から2年。日本人初の快挙を達成したのだ。

 

「今までの先輩たちが築き上げたものにのっかった優勝。1人ではできなかった。これからも周りの人々への感謝の気持ちを忘れず、もっと強くなりたい」

 

「1度世界のトップに立った選手は確実に追われる。自分は挑戦者の気持ちでもっとレベルアップしていきたい」


喜びを噛みしめながら謙虚に語る桃田賢斗選手の姿。

 

「あまり自分にプレッシャーをかけすぎないようにして、自分のベストを尽くすことだけを考えた。今後の目標は、李宋偉(リー・ゾンウェイ)選手や林丹(リン・ダン)選手のように長くプレーし続け、応援してくれる方にレベルが高くて面白い試合を見せたい」

 

今大会の会場となっていた中国のバトミントンユーザーが、

「言葉に(周囲への)リスペクトがある。人格も素晴らしいようだ」

「礼儀正しく、謙虚で控えめな選手だね」

 

謙虚な姿勢と人柄に対して称賛の声が多く寄せられたのだ。 

 

最後に桃田賢斗選手が語った言葉

「観客を楽しませて、世界中の方から愛されるプレーヤーになりたい」

 

人生に失敗はつきもの。

失敗を礎にして成長した桃田賢斗選手の姿が逞しかった。

 

人の未来は自身の手に委ねられている。

東京五輪の舞台で輝きを増す桃田賢斗選手が見れるのが楽しみで仕方ない。

陰ながら応援しています。

 

(エムP)

 

素敵な音楽をありがとう!

8月5日生誕・柴咲コウさん

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック)

【BGM-IN】月のしずく」(柴咲コウ

youtu.be

 

 

 ★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。 

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

www.mptv.gift

 

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。

www.waja-next.com