MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第595回 『腱鞘炎はもちろん!五十肩の痛みも治して煎じよう、野口陽司先生の神の手に救われた夢叶なのだ!?』 [10月3日]

★(1年前…)2016年10月3日の夢叶は『真桜さん』でした。

 

昨日、ブログをアップしてから約90分後!!

信じられない出来事が起こりました。

f:id:mptvstaff:20171005121031j:plain

※事務所から撮影した月…。

 

野球、ゴルフ、格闘、

一流プロスポーツ選手を中心に、

筋肉の痛み、疲労、炎症、骨の軋み他、身体の不調を整え続けている

日本を代表するスポーツトレーナー『野口陽司先生』が突然!?事務所にやってきたのです。

 

その理由は!?

 

★『腱鞘炎はもちろん!五十肩の痛みも治して煎じよう、野口陽司先生の神の手に救われた夢叶なのだ!?』

 

スポーツトレーナー『野口陽司』

この先生とお友達になれたお陰で、吾輩の株が上がる上がる!

 

・膝の痛みと戦っていた格闘家!

・頸椎の軋みに悩んでいたバイオリニスト!

・ギックリ腰になった演出家!

・万年肩こりに悩む女優!

・背中の痛みに苦しむ某CEO!

等々。

 

吾輩が電話1本するだけで、時間が許す限りご自宅に参上してその悩みを解決してくれる!スーパーマンなんです。

 

野口陽司先生曰く!

「僕の仕事は、日々の練習で身体を酷使しているプロスポーツ選手を守る!癒す!そして、強い身体を創り上げることでした」

 

「もう1つ!デットボールや不慮の事故による痛みを緩和して、明日の試合に出場出来るようにしてあげること」

 

プロTEAMやプロスポーツ選手と契約していたスポーツトレーナー野口陽司先生の依頼は、

「明日までに治して欲しい!」

 

結果を求めて絶え間ぬ努力をしているプロスポーツ手。

契約した選手が羽ばたく片翼を担えるスポーツトレーナーという仕事に誇りを持って戦う野口陽司さん。

選手の笑顔に出会うため、身体ケアの新しい情報があれば海外へも足を運んで情報を収集していました。

 

進化し続ける神の手。

 

気がつけば…、

プロスポーツ選手という垣根を超えて、様々なジャンルの人たちの身体ケアーを任されるようになっていたのです

 

そんな、野口陽司先生の武器は!

『技術』だけではないと吾輩は思っています。

 

本当の武器は!?

 

・【純粋な心】

・【屈託のない笑顔】

 

 

昨晩、

突然、吾輩の元にやってきた野口陽司先生。

腱鞘炎に苦しんでいた右手首を入念にマッサージ!

その後、

五十肩に苦しむ肩も、汗だくになりながら神の手を操り続け…、

 

約60分後、

も見違えるように楽になったのです。

 

「ん~~~、実に素晴らしい!!」

 

その時に魅せてくれた野口陽司先生の

屈託ない笑顔にダメ押しで癒されるのです。

 

ありがとうございました。

 

「あっ!!野口さんの笑顔写真撮ればよかった!!」

 

 

そんな、

野口陽司先生に唯一出会える場所が出来たのです。

 

2017年9月23日にOPENした!!

▶東京・上板橋『ワンダーゴルフパーク』

この施設の中に『ボディーチューニング』を担当しているのが野口陽司先生なのです。

生憎、ゴルフには縁遠い吾輩ですが…、

同フロアーに、お洒落なカフェも併設しているようなので近日お邪魔してみようっと!!

 

 

ちなみに、

野口陽司先生は…、

原則、ハクション大魔王のように、

「呼ばれて!飛び出て!ジャジャジャジャーン!」

 

と飛び回っています。

事前に予約確認しなければ会えませんので

あしからず…。

 

ゴルフ…、

はじめてみようかな~。

 

(エムP)

 

 

ガラスの十代

十代と言えば…、

確かにガラスのハートを持ち合わせていたのかも…。

この楽曲の、

作詞、作曲は…、

飛鳥涼さん。

この詩を詠んでみると…、

切ない気持ちになってくる。

 

 

【BEM】(バースディー・イブ・ミュージック) 

【BGM-IN】「ガラスの十代」(光GENJI

youtu.be

★あなたが、この世に誕生したことが夢叶だった。

あなたの誕生日には、

どんな夢叶があったのでしょう…。

 

★イケてる大人計画

合わせてご覧いただけると幸いです。