MPTV staff blog

クリエィティブに限界はない!『創造感動…。』【イケてる大人計画・発動中!?】2016年11月末日をもって、モデルプレスTVの放送は終了しました。モデルプレスTV by ひかりTV4Kを応援頂き誠に誠にありがとうございました。ご意見!ご感想は!『dream@waja.gift』にお送りください!!

【エムPの昨日夢叶(ゆめかな)】第125回「絶好調~~!NHK『ブラタモリ』今度は書籍化で夢叶なのだ!?」 [6月17日]

実は…、

珍しく…、

少しだけ…、

落ちました…、

だって…、

だって…、

一度完成した…、

夢叶の原稿…、

消えてしまった…、

のです。

だから…、

もう一度…、

書き直ししました。

デモ…、

文章が…、

少し…、

レベルアップしました。

書き直す…、

見つめなおす…、

素晴らしいことですね!!

それでは、ぜひ、お読みください~~~!!!!!

 

ここ2日間!

会う人!会う人に!!

「顔がシャープになりましたね!」

「少し痩せましたか?」

 

更に、別角度からの印象では、

「疲れていませんか?頬がこけたような気がするんですけど…」

 

もし…、これが本当ならば~~~、

頭蓋骨矯正で小顔体験した

夢叶効果としか言いようがありません。

自分で感じている以上に、周りの人たちは他人の顔のことが気になっているんですかね!

 

 

さて、さて、

普通のぶらり街歩きやぶらり旅番組とは一線を画したことで、

5月7日放送分が番組歴代最高視聴率を獲得した

NHKブラタモリ

 

※第87回の【エムPの夢叶】でも取り上げてみました


そして!!!!

6月4日放送の『伊勢神宮~人はなぜ伊勢を目指す?~』では、

何と番組歴代最高視聴率を更に塗り替える18.6%をマークした。

 

この勢いとどまるをことを知らず~と言った感じなので!

吾輩なりにそのポイントを絞ってみました。

 

第一章

以前、『ブラタモリ』の散策エリアは都内近郊でした。

その理由は!?

ギネスブックにも認定された

『笑っていいとも』(フジテレビ)

の司会をタモリさんがしていたから。

スケジュールの都合上、遠方へのロケがとても厳しかったはずです。

 

奇しくも『笑っていいとも』が終了。

その結果、

 

日本全国津々浦々のロケ

 

が敢行できるようになった『ブラタモリ

ここから大躍進が始まるのです!!

 

 

第二章

余裕のあるロケ。

そこに本来持ち合わせていた

 

タモリさんならではの視点!

 

様々な角度から土地や場所の魅力を引き出していきます。

その面白たがりのタモリさんの欲求を満たしていくことに余念がない制作STAFFの努力が結実。

徐々に視聴率が上昇カーブを描き始めました。

 

 

其の三

そして、ダメ押しが!!!

 

嘘か誠か???

『あげアナ』の登場です。

 

この4月に“旅の相棒”が、桑子真帆アナウンサーから2歳年下の近江友里恵アナウンサーにバトンタッチ。

高視聴率続いていた『ブラタモリ』が更に、もう一段視聴率アップ!!

番組史上歴代視聴率を次々と更新するという事象が…。

あくまで噂レベルですが、童顔がトレードマークの近江アナに食いつく視聴者が増えていると言われているのだ。

 

f:id:mptvstaff:20160618194417j:plain

桑子真帆アナウンサー 

 

f:id:mptvstaff:20160618194532j:plain

近江友里恵アナウンサー

 

前置きが、超~~超~~長くなりましたが

次々と夢叶している『ブラタモリ

元、読売巨人軍選手として活躍していた、

中畑清さん(現・プロ野球解説者)にタイトルコールをお願いします。

 

絶好調~~!NHKブラタモリ』今度は書籍化で夢叶なのだ!?

 

2009年に東京近郊を中心に街ぶらバラエティとしてレギュラー放送がスタート!!

 

そして、昨年、3年ぶりに復活した第4シリーズからはロケの舞台が日本全国に広がり、爆発的に視聴率がアップ!!!

 

今年6月には

「第53回ギャラクシー賞」テレビ部門で奨励賞

「第42回放送文化基金賞」番組部門テレビエンターテインメント番組でも奨励賞を受賞した

ブラタモリ』の書籍化が昨日、発表されました。

 

街ぶらする先々を!!

 

歴史的・文化的な側面から街の成り立ちを振り返る。

地理学的・地質学的な方面から深く掘り下げる。

タモリさん独自のディープ&トレンドな角度で斬新な情報

 

を提供しているこの番組。

 

番組では語り尽せなかったエピソードやロケ中に収めた特別な写真、タモリさんが辿った道のりがわかる地図など、映像ではお伝えできなかった、『ブラタモリ』の魅力を余すことなく入れ込んだ。オールカラー144ページの秀作のようです。

 

この出版不況を打破する書籍として

吾輩も大注目しています。

 

ぜひ、この本を片手に

ブラタモリ

ならぬ

『ぶら吾輩』

として、本を片手に旅したいものです。

 

でも…、なかなか時間がとれないんだよね~~~。

 

さぁ~~本日も頑張っていきますよ!!

 

(エムP)

 

お別れの曲は!

旅にちなんで、この曲を選んでみましたが、

なぜだか?目頭が熱くなってきました。

しばらく!『松山千春』さん特集で行ってみようか???悩み始めています。

さて、明日も『松山千春』さんになるのでしょうか?

それにしても、素敵な声ですね~~。

 

【BGM-IN】「旅立ち」(松山千春

www.youtube.com